バリアフリーとは?四つのバリアフリーや法律について解説|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

バリアフリーとは?四つのバリアフリーや法律について解説

最近、私たちの日常生活で「バリアフリー」という言葉をよく聞くようになりました。
バリアフリーという言葉は、1974年の国連障害者生活環境専門家会議において、報告書「バリアフリーデザイン」が作成されたことがきっかけで広まっていきました。

 

今回は、バリアフリーとは何かを詳しく解説します。
四つのバリアやバリアフリーの例、バリアフリーに関する法律についても触れていきます。

バリアフリーとは?四つのバリアフリーや法律について解説

バリアフリーとは?

バリアフリー(Barrier free)という言葉を日本語に直訳すると、「障壁がないこと」を意味します。
もともと、バリアフリーは建物や施設の段差等の物理的障壁を取り除く意味での建築用語として用いられていた言葉です。

しかし現在は、「年齢や身体能力、障がいの有無、国籍など、生活する上でバリア(障壁)となるものを除去すること」を指して使用されています。

 

また、バリアフリーにおけるバリアには、社会の制度や人の意識も含まれています。

一概に定義することはできないため、「一人ひとりが互いを尊重し快適な社会生活を送る環境にしていこう」という考え方として捉えられています。

バリアフリーにおける四つのバリアとは?

バリアフリーにおけるバリアは大きく四つに分けられます。
ここでは、「物理的バリア」「制度的バリア」「文化・情報的バリア」「心のバリア」の意味と実例をご説明します。

物理的バリア

身体に不自由を抱える人にとって、移動や生活の上で支障となる物理的なバリアのことです。
例えば、高い位置にあるエレベーターのボタンや自動販売機のボタンは、車いすの方や子どもには手が届かないため、利用するのに支障があります。

バリアフリーの例

・ボタンやお金の投入口が低い場所にある自動販売機
・出入り口やスペースの広い多機能トイレ
・通路にスロープや手摺のついた駅や施設

制度的バリア

身体的・精神的な障がいがあることを理由に、学校入試や就職、資格試験などで受験や採用、資格付与が制限されるようなバリアのことです。
車いすを利用していることを理由に入学試験が受けられなかった、などは制度的バリアに該当します。

バリアフリーの例

・精神障がいがあるため資格が付与されなかった
・幼児連れや盲導犬同伴での入店を断られた

文化・情報的バリア

特定の人にのみ必要な情報が伝わらず、社会生活における文化や情報の入手に制限を受ける情報面のバリアのことです。

例えば、視覚障がい者の方は、信号機の色が視覚で判断できないため、音による案内がなければ青信号になったかどうか分かりません。
そのため、音響式信号機などでバリアを取り除く必要があります。

バリアフリーの例

・駅構内に設置された触知案内図(凹凸や点字で把握できる図面)
・駅のホームで電車が来ることを知らせる電光掲示板
・視覚障がい者の人が安全に歩行するための誘導用ブロック
・危険箇所を知らせるための警告ブロック
・手話や字幕映像を用いたイベントや講演会

心のバリア

年齢や身体能力、障がいの有無、国籍などを理由にした偏見や差別、無関心、すなわち意識的なバリアのことです。

内閣府が発表した令和2年度の「バリアフリー・ユニバーサルデザインに関する意識調査報告書」では、バリアフリーという言葉と意味を知っていると回答した人の割合は94%と大多数を占めました。

 

一方、心のバリアフリーに関する世論調査では、「知らなかった」と回答した人は61.9%でした。
この結果により、今後は心のバリアフリーを普及させる取り組みが課題とされています。

 

出典:内閣府「令和2年度バリアフリー・ユニバーサルデザインに関する意識調査報告書」
出店:内閣府「令和2年度公共交通機関利用時の配慮に関する世論調査」

バリアフリーの例

・高齢者や障がい者を「かわいそう」「気の毒だ」と言わない
・駅前や通路、点字ブロックの上、車いす用駐車スペースに車や自転車を置かない

バリアフリーに関する法律

バリアフリーに関する法律である「バリアフリー新法」が平成18年に制定されました。

従来の「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築に関する法律(ハートビル法)」および「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律(交通バリアフリー法)」を統合し新たにできた法律です。

 

主に、公共交通施設や建築物などのバリアフリー化の推進、「心のバリアフリー」を広めるための地域における重点的かつ一体的なバリアフリー化の推進を目的としています。

 

バリアフリー新法には、四つのバリアを取り除くために必要となる、施設や設備の要件について詳しく記載されています。
令和3年4月に法改正となり、新たに「優先席・車いす用駐車施設等の適正利用推進のための広報・啓発活動の努力義務」などが追加されました。

 

出典:国土交通省「バリアフリー」

また、平成15年に施行された「身体障害者補助犬法」により、公共施設や交通機関、レストラン、ホテルなどの施設において、盲導犬や介助犬、聴導犬を同伴できるようになっています。

まとめ

今回は、バリアフリーについて、四つのバリアやバリアフリーの例、バリアフリーに関する法律を交えて解説しました。
全ての障壁を解消するには、「心のバリア」について知ることがもっとも大切といえます。

まずは、皆さんの身の回りにあるバリアについて考えてみてください。できることから始める、それがバリアフリーに繋がります。

 

シティーリフトかわさきでは階段昇降機を取り扱っています。
高齢の方や足が不自由な方などが安心・安全に階段を昇ることのできる製品です。
バリアフリー環境を実現したいという方は、ぜひ導入をご検討ください。

 

シティリフトかわさきの階段昇降機 車いすタイプについてはこちら

関連記事

  • 障害の社会モデルとは?社会的障壁解消のためにできることを考える障害の社会モデルとは?社会的障壁解消のためにできることを考える 障害についての考え方の一つに、「障害の社会モデル」というものがあります。 従来は「障害の医学モデル」や「障害の個人モデル」という考え方が一般論としてありましたが、最近ではさまざまな考え方が取り入れられるようになっています。   今回は、障害の社会モデルとは何か、 […]
  • 介護移乗について全介助のテクニックを紹介介護移乗について全介助のテクニックを紹介 介護移乗とは? 「介護移乗」って何?そう思っている人も多いかもしれません。 私たちが生活を送る中で、欠かせない動作というものがあります。 元気なうちはあまり考えたことはありませんが、介護職員の間では「食事」「排泄」「更衣」「移乗」「移動」「入浴」「起居動作」と、動作を […]
  • 足の筋肉の衰えはデメリットがいっぱい!簡単な筋力アップ方法を紹介足の筋肉の衰えはデメリットがいっぱい!簡単な筋力アップ方法を紹介 足の筋肉の衰えは、具体的な例としては、何もないところで躓く、階段の上り下りが辛い、長く歩くことが難しいなどが挙げられるでしょう。「年を取ってきたから仕方がない」という人も多いですが、実は足の筋肉は中高年になっても鍛えることが可能です。「そのためには、毎日特別な運動をしなければな […]
  • 車椅子のデメリットを知っている?種類と特徴もしっかり把握しよう車椅子のデメリットを知っている?種類と特徴もしっかり把握しよう 車椅子は、歩けない人の移動手段としてよく使われますし、外で使用している人を見かけることもあるでしょう。 車椅子に対して「とても便利なもの」というイメージを持っているもしれませんが、実は車椅子にはデメリットもあります。 使いにくさや危険性もないわけではありません。 ここでは […]
  • 認知症の接し方のポイントは?認知症の接し方のポイントは? 「両親や祖父母が認知症になる」という現実を、いちばん受け入れにくいのは家族かもしれません。 「昔は何の問題もなくできていたことが、できなくなった」「何度、言っても理解してくれない」「知らない間にいなくなる」などなど、信じたくない行動の数々に戸惑っている方も多いのではないでしょ […]
  • 高齢者が困っていることは?周囲がすべきサポートを確認高齢者が困っていることは?周囲がすべきサポートを確認 高齢者が困っていること、そういわれて何が思い浮かびますか?自分がその立場になってみないとピンとこないことも多いかもしれませんが、高齢になると今までできていたことが難しくなるので、それがそのまま「困っていること」に直結しやすくなります。高齢者の困っていることは、年齢を重ねたことに […]
このページのトップに戻る