車椅子を自宅の階段で使うなら昇降機が便利!設置方法なども解説|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

車椅子を自宅の階段で使うなら昇降機が便利!設置方法なども解説

日常的に車椅子を利用していると、階段の移動が困難です。
家族やヘルパーに介助してもらう方法もありますが、相手の負担も気になり頼みにくい時もありますよね。

 

そういったとき、昇降機の利用で気軽に1階と2階の移動が可能です。
今回は、自宅の階段に設置可能な昇降機についてご案内します。

車椅子を自宅の階段で使うなら昇降機が便利!設置方法なども解説

昇降機とは?階段を上り降りする機械

昇降機とは、階段の上り下りに利用する機械です。
階段にレールが取り付けられており、そのレールに沿って椅子が移動する仕組みとなっています。

使う方が昇降機の椅子に乗ると自動で動き、階段の上り下りを助けるのです。
昇降機を階段に設置すると、負担なく1階と2階の移動ができます。

 

主に、下記の方への利用を目的に設置されます。

 

● 高齢者
● 歩行が困難な方
● 車椅子を利用している方

 

駅や病院に設置されている場合もあるので、見かけた経験もあるかもしれません。

昇降機の種類は2種類|車椅子タイプと椅子タイプがある

昇降機には、下記の2種類があります。

 

● 車椅子タイプ
● 椅子タイプ

 

どちらのタイプも、利用しない時はたたんでおけます。

1階と2階の移動が難しい時、まずホームエレベーターを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ホームエレベーターの後付けには耐久性や広さの問題から、間取り変更や建て替えが必要になる場合もあります。

その点、昇降機ですと大掛かりな工事が不要で自宅にも取り入れやすい特徴があります。
車椅子タイプ、椅子タイプにどんな特徴があるのか、それぞれ詳しく見てみましょう。

①車椅子タイプ

車椅子タイプは、車椅子に乗ったまま階段の移動ができます。
その分、次に紹介する椅子タイプと比べてある程度の階段の広さが必要です。

車椅子から椅子への移動が難しい場合は、車椅子のまま移動可能な車椅子タイプを利用するといいでしょう。

②椅子タイプ

椅子タイプは、椅子に座った状態で機械が動き、階段を行き来できます。

ほとんどの階段に取り付け可能で、大掛かりな工事を行う必要がありません。
簡単な操作で移動が可能で、上階に到着すると椅子が回転するので安全に乗り降りできます。

昇降機を設置するメリット・デメリット

自宅に昇降機を取り付けると、階段の移動が楽になると分かりました。

では、昇降機の設置を検討している方に向けて、メリット、デメリットを詳しくご案内します。

メリット

昇降機利用のメリットには、下記が挙げられます。

 

● 一人で1階と2階の移動が可能
● 家族やヘルパーの手を借りなくていい
● 自宅で移動できる場所が増える
● 転倒、転落の危険が減る
● 大掛かりな工事が不要

 

一人では移動が難しかった場所も、気軽に行けるようになります。
昇降機の利用で、生活の質を上げる助けにもなりますね。

デメリット

デメリットには、下記があります。

 

● 費用がかかる
● 定期的にメンテナンスが必要
● 設置前に打ち合わせが必要
● ほかの方が階段を利用する際、妨げになる場合もある

 

デメリットはありますが、階段の移動が楽になる点で設置後のメリットが大きいのではないでしょうか。

昇降機検討時に必要な2つの確認ポイント

自宅に昇降機を取り付ける際、事前に確認しておくポイントが2つあります。

 

● 階段の幅
● 停止場所の確認

 

それぞれ見てみましょう。

①階段の幅

昇降機設置に必要な階段の幅を確認しましょう。

まっすぐな直線の階段の場合は約70cmの幅、曲がり階段の場合はもう少し広く約75cmの幅が必要です。

一般的に、75cmの幅が確保されている住宅がほとんどです。

 

車椅子の場合は、1m以上の幅があると望ましいですが、ない場合は業者に相談してみましょう。

古い住宅の場合は、階段が狭い場合もあります。
この場合も、業者に相談するとよいでしょう。

②停止場所の確認

昇降機は座面が開いたままの状態で利用するため、停止場所はある程度の広さが必要です。
座面を折りたたむ事もできますが、その場合も壁から約35cmほどのスペースが必要です。

 

階段の下に停止場所のスペースが確保できない場合は、階段から少し離れた場所に停止するようレールを設置する必要があります。

階段下のスペース確保が難しい場合は、業者に相談してみましょう。

昇降機はレンタルサービスが便利

昇降機には、レンタルサービスもあります。

昇降機の購入で費用等の心配がある場合は、レンタルサービスを検討するのも一つの方法です。

 

レンタルであれば、下記の使い方が可能です。

 

● レンタルで利用開始し、気に入ったら購入する
● 利用期間が決まっているため、必要な期間だけ借りる

 

昇降機をレンタルする場合、特殊な階段だと設置出来ない場合もある、長期間利用すると費用が大きくなるなどのデメリットがあります。

 

しかし、購入する場合に比べると下記のメリットがあります。

 

● 月額費用が抑えられる
● 定期的にメンテナンスを受けられる
● 不要になったら取り外せる

 

昇降機購入は難しいけれど利用してみたい場合は、レンタルの利用も便利です。

まとめ

昇降機について、ご案内してきました。
まとめますと、ポイントは下記のとおりです。

 

● 車椅子タイプと椅子タイプがある
● 設置前には階段の幅、停止場所の確保が必要

 

自宅で車椅子を利用している場合、階段の昇り降りには昇降機があると非常に便利です。

 

● 一人では階段の移動が困難
● 毎回家族やヘルパーに頼みにくい
● 1階と2階を気軽に行き来したい

 

こういった時に、昇降機の設置を検討しましょう。
負担なく、自由に1階と2階を行き来できるようになりますよ。

 

シティリフトかわさきの車椅子用の階段昇降機についてはこちら

関連記事

  • 膝が曲がらない原因と対策膝が曲がらない原因と対策 人間の体のなかで、いちばん負担のかかっている関節はどれかお分かりになりますか。手首、肘、それとも足首でしょうか。正解は膝の関節です。膝は、座ったり、立ったりするときにも歩くときにも使う関節。日常生活を送るうえで切っても切り離せない重要な部位なのです。 今回はこの膝が曲がらなく […]
  • 障害の社会モデルとは?社会的障壁解消のためにできることを考える障害の社会モデルとは?社会的障壁解消のためにできることを考える 障害についての考え方の一つに、「障害の社会モデル」というものがあります。 従来は「障害の医学モデル」や「障害の個人モデル」という考え方が一般論としてありましたが、最近ではさまざまな考え方が取り入れられるようになっています。   今回は、障害の社会モデルとは何か、 […]
  • 入浴介助の手順と注意点入浴介助の手順と注意点 高齢者の介護の中で、食事や排せつなどと同じように、介助を必要とするものに入浴介助がありますよね。 入浴介助は「お風呂に入るためのお手伝い」と簡単に考えてしまう人もいますが、実は介助の中でいろいろな危険が潜んでいるのが入浴です。 せっかく入浴のお手伝いをするのなら、介助する側 […]
  • 高齢者が安全に利用できる階段とは?利用時の注意点などを解説高齢者が安全に利用できる階段とは?利用時の注意点などを解説 高齢者の転倒や転落事故が起こりやすい自宅の場所に、階段が挙げられます。 2階建て以上の家には必ず設置されていますよね。 「とにかく階段の上り下りには気を付けるしかない」そう考えている人も多いかもしれませんが、気を付けていてもこうした転落事故は防ぐことが難しいのが現状です。 […]
  • いす式階段昇降機は便利?そのメリットとデメリットを解説いす式階段昇降機は便利?そのメリットとデメリットを解説 高齢になると、階段の上り下りが難しくなる傾向があります。 生活の場を1階に移すのが無難ではありますが、そう簡単にいかないこともありますよね。 そんな時に活用したいのが、いす式階段昇降機。 昇降機と聞くと、大掛かりな設備と思われがちですが、実はこの階段昇降機には「いす式」と […]
  • シニアになった犬に階段は危ない?危険な理由と対策を紹介シニアになった犬に階段は危ない?危険な理由と対策を紹介 「シニアといわれる年齢に入った愛犬が階段を昇り降りするのは危ない?」 「シニア犬が階段を登らないようにする対策を知りたい」   シニア期の愛犬の足取りに不安を感じ、対策を取りたいと願う飼い主さんはきっと多いでしょう。 この記事では、シニア期に入った犬が階段を使 […]
このページのトップに戻る