車椅子での家の危険ポイントと対策!今日からできること|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

車椅子での家の危険ポイントと対策!今日からできること

家は日々の生活を送る上で最も安心できるはずの場所ですが、車椅子を使用している場合、思わぬ危険が潜んでいることもあります。

 

段差や狭い通路、滑りやすい床など、家の中には車椅子ユーザーにとっての危険ポイントが数多く存在します。
しかし、適切な対策を行うことで、これらの危険を軽減し、家をより安全で快適な空間に変えることが可能です。

家は全員が安心して過ごせる場所であるべきです。

 

この記事を通じて、車椅子ユーザーが日常生活をより快適に、そして安全に過ごせるようなヒントを提供します。

車椅子での家の危険ポイントと対策!今日からできること

リビングと寝室で注意すべきポイント

リビングと寝室は日々の生活の中心となるスペースです。
車椅子を使用する際には、これらの場所での快適さと安全性が特に重要となります。

家具の配置

家具の配置を工夫することで、車椅子での移動がしやすくなります。

 

たとえば、家具間の通路を広く取る、あるいは回転しやすいようにスペースを確保することが大切です。
家具の角にはクッション材を取り付けることで、ぶつかった際の怪我を防ぐ効果も期待できます。

 

また、床には滑りやすいマットなどを敷かないように気をつけましょう。

車椅子でのアクセスの良さ

車椅子ユーザーにとって、家の中のアクセス性は生活の質に直結します。
ドアの幅を広げたり、段差を解消したりするバリアフリーリフォームを検討しましょう。

 

狭い廊下やドアでは、車椅子を操作する際に不便が生じるため、可能な限りスペースを確保しましょう。

ベッドの高さ

ベッドの高さが合っていないと、車椅子からの移動に際し、転倒や身体の負担につながります。
車椅子の利用者のベッドの高さは車椅子に座った状態と同じか、それよりもわずかに低いレベルが推奨されます。

 

市販されているベッドの中には高さ調整可能なものもあります。
高さの調整できるベッドを選ぶことで日々の生活に不便を感じることなく、安全を確保できるでしょう。

リビングのテーブル

リビングで使用するテーブルは、車椅子を使用する場合には高さに注意が必要です。
車椅子から手が届きやすく、かつ安定した作業ができる高さを選ぶことが大切です。

 

また、脚部分が車椅子に干渉しない設計のものが望ましいです。
日常生活においてテーブルは頻繁に使用されるため、適切な選択をすることで、生活の質が向上します。

キッチンと浴室の安全対策

キッチンと浴室は、特に注意を払う必要がある場所です。
日常生活で頻繁に使用されるこれらのスペースにおいて、安全対策を怠ると、大きなリスクにつながることがあります。

シンクとコンロの高さ調整

キッチンでの作業を安全に、快適に行うためには、シンクやコンロの高さが重要になります。
車椅子から無理なくアクセスできる高さに設置することで、料理の際の負担を大きく減らせます。

 

また、高さ調整が可能なシステムキッチンなどを導入することで、さらに利便性を高めることが可能です。

収納の工夫

キッチンや浴室では、日用品や調理器具などを収納するスペースの工夫が求められます。
車椅子から手が届きやすい位置に必要なものを収納できるようにしましょう。

 

また、引き出し式の収納は中身が見やすく取り出しやすいためより使い勝手がいいでしょう。

浴室の安全

浴室は水や石鹸で床が滑りやすくなるため、転倒の危険が高いエリアです。
滑り止めマットの使用は、転倒リスクを大幅に軽減できる対策かつ簡単にできる対策のひとつです。

滑り止めマットは強力な滑り止め効果のあるものを選びましょう。

 

またマットは清潔に保つことも大切です。
定期的な洗浄や交換を心掛けましょう。

 

その他にも手すりの設置や、高齢者や身体の不自由な人が使用する場合には、浴槽に入るための特別な補助具を使うことも検討しましょう。

シャワーのアクセス性

シャワーを利用する際にも、車椅子ユーザーには特別な配慮が必要です。
シャワーヘッドを取り外し可能なタイプにする、または高さ調節ができるようにすることで、個々のニーズに合わせた利用が可能になります。

 

また、シャワースペースの入口を広くすることで、車椅子からの移動もスムーズに行えます。

トイレの改善ポイント

トイレは日常生活において欠かせない重要なスペースです。車椅子を使用する場合には、より細やかな工夫が求められます。

手すりの位置と高さ

トイレ内の手すりの設置は、車椅子ユーザーにとって非常に重要です。

 

起立や着座のサポートとなる手すりは、個々の身体の状態に合わせて正しい位置と高さに設定することが必要です。
これにより、安全で快適なトイレ利用を実現できます。

床の材質

トイレの床材には、水や尿による濡れに強く、滑りにくい材質の選択が重要です。
滑りやすい床材は転倒のリスクを高めるため避けましょう。

 

また、清掃が容易で衛生的な床材を選ぶことで、常に清潔な状態を保つことができます。

すべての生活空間を安全に!

車椅子使用者にとって、家の中の危険ポイントに対する注意と対策は、日々の安全と快適な生活を保つために欠かせません。

 

小さな変更や工夫が、大きな安心につながります。全ての生活空間で安全対策を施し、車椅子ユーザー自身が自信を持って生活できる環境を整えましょう。

 

シティリフトかわさきの車椅子用の階段昇降機についてはこちら

関連記事

  • 昇降機曲線型 | 選び方ガイド昇降機曲線型 | 選び方ガイド 手軽な移動を可能にする昇降機曲線型、その使い勝手と選び方について詳しく解説します。   昇降機曲線型の基本的な知識から、自宅や施設に最適な製品を選ぶためのポイントや、購入前に行うべき寸法の測り方、空間計画、構造上の制約といった重要なチェックポイントについても詳しく […]
  • 高齢者が安全に利用できる階段とは?利用時の注意点などを解説高齢者が安全に利用できる階段とは?利用時の注意点などを解説 高齢者の転倒や転落事故が起こりやすい自宅の場所に、階段が挙げられます。 2階建て以上の家には必ず設置されていますよね。 「とにかく階段の上り下りには気を付けるしかない」そう考えている人も多いかもしれませんが、気を付けていてもこうした転落事故は防ぐことが難しいのが現状です。 […]
  • 高齢化に伴い増加する「老老介護」。その原因や問題点と対策はどうなっている?わかりやすく解説します!高齢化に伴い増加する「老老介護」。その原因や問題点と対策はどうなっている?わかりやすく解説します! 令和5年版「高齢社会白書」によると、2022年10月1日段階での65歳以上の高齢者は3,624万人で、総人口の29%を占めています。 少子化により若年人口が減ったことと相まって、高齢者が高齢者の介護を行う「老老介護」もよく見られるようになりました。 本記事では老老介護の定義 […]
  • 階段の一段の高さに基準はあるの?一般的な高さと登りやすい高さ階段の一段の高さに基準はあるの?一般的な高さと登りやすい高さ 一般的な住宅と、駅や役場などの公共施設とでは、一段の階段の高さが違います。また観光地に行くと階段の高さは様々です。そのため階段の高さや幅などは自由に決められるものと思う人がいるかもしれません。 しかし、階段の高さは建築基準法により基準寸法が定まっています。 今回は、定められ […]
  • 介護をしている人まで認知症に!?認認介護の問題とは?介護をしている人まで認知症に!?認認介護の問題とは? 高齢化社会の中で、高齢者が高齢者を介護する「老老介護」は大きな問題になっていますが、それと同じくらい問題視されているのが「認認介護」です。 しかしながら認認介護に関しては、あまり知られていないのが実情です。 ここでは、認認介護とはどのようなものか、どういった危険性があるのか […]
  • 車いすの生活で困ることって?具体的な場面で考えよう車いすの生活で困ることって?具体的な場面で考えよう 車いす生活は、最初は大変でも慣れてくると困ることはないのでは?と思う人もいるかもしれません。確かに、車いす生活の人は、本当に車いすをうまく使いこなしています。恐らく、相当な努力をされたのだろうと思いますが、実際には車いす生活の人にしてみると、皆さんが思うよりも困ることというのは […]
このページのトップに戻る