福祉機器の種類にはどんなものがあるの?動作に合わせて解説|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

福祉機器の種類にはどんなものがあるの?動作に合わせて解説

福祉機器(福祉用具ともいいます)と聞いて、思い浮かべるのは「車いす」や「介護用ベッド」ではないでしょうか。
ですが、実際の福祉機器はもっと種類が多いのです。

例えば、車いすは移動手段として使われますが、歩くことができても不安定な場合には、歩行器を使用します。

 

入浴も、自分で入ることが難しい場合のリフトや浴室に取り付ける手すりも、福祉機器の一つとなります。

機器と名前が付くと、大掛かりなものというイメージがありますが、大きなものから小さなものまで種類が多いので、いくつか頭に入れておくと良いでしょう。

福祉機器の種類にはどんなものがあるの?動作に合わせて解説

福祉機器って何?

そもそも、福祉機器とは何でしょうか。
最近では、福祉機器を福祉用具と呼んで、使用範囲を広げています。

機器は、機械や器具の総称ですが、福祉用具には機械だけでなく小さな道具も含まれます。
高齢者や障がい者の生活を支え、介護をする人の負担を軽減してくれる機器や道具を、「福祉機器」としてとらえ、様々な種類がそろっているのです。

 

福祉用具法では、福祉用具に関して「心身機能が低下し、日常生活に支障がある老人や障がい者の日常生活上の便宜を図るための用具や補装具」と定めています。
介護保険法では、「要介護者の日常生活の自立を助けるためのもの」としています。

いずれにせよ、生活に支障がある高齢者や障がい者が、自立した生活を送るための機器であり、介護者の負担を減らすためのものでもあるといえるでしょう。

福祉機器の種類は

ここでは、介護をする際に目安となる動作をもとに、福祉機器(福祉用具も)の種類をいくつか紹介しましょう。

移動動作

車いす(自操用・介助用・電動式)や歩行器、シルバーカーやT字杖、段差解消機や階段昇降機などがあります。
車いすを快適に操作するための座面クッションや、正しい姿勢を保つための座位保持用品などもあります。

入浴動作

シャワーチェアや入浴用の手すり、滑り止めマットがあります。
自分で入浴できない人のための介助用チェア(シャワーキャリー)も含まれています。

排せつ動作

ポータブルトイレや立ち上がりのための手すりが一般的ですが、最近では、便や尿を感知し、その処理を行う自動排せつ処理ロボットも出てきています。

移乗動作

ベッドから車いす、車いすからベッドなどの動作で使われるスライディングシート、スライディングボード、キャスターなどがあります。

その他

他にも、たくさんの福祉機器があります。
寝具では、褥瘡(床ずれ)防止のためのマットレスや介護用ベッド、認知症の高齢者のための俳諧見守りセンサー、センサーマットなどがあります。

まだ、たくさんの種類がありますし、取り扱っている会社によって名称が違っている場合もあります。

種類が多すぎて、選ぶのがよく分からない場合には、ケアマネージャーに相談するのもおすすめです。

福祉機器と介護保険

福祉機器を使う場合、気になるのが費用ではないでしょうか。
介護保険では、福祉機器の利用に関して保険給付の対象になっているものが多いです。

そして、利用の仕方が2つあるので、それもお話ししておきましょう。

 

まず、介護保険では、福祉機器の使用に関しては「貸与」と「限度額内での支給」があります。

貸与は、ケアマネージャーが立てたケアプランに基づいて、福祉機器をレンタル事業者から借りて使う方法で、費用は利用料の1割を負担します。
限度額内での支給は、入浴や排せつなどの福祉機器の購入に関して、1年につき10万円を限度額として支給を受けることができるものです。

 

ただし、これはいったん全額を支払い、その後9割の金額が返ってくる形になります。
しかも、福祉機器すべてが、保険給付の対象というわけではありません。
さらに、要介護度によって利用できる限度額が変わりますから、こうした際にもケアマネージャーに相談すると良いでしょう。

また、ここで抑えておきたいのが、「介護保健での給付は、工事を伴わない」というのが原則です。
住宅改修などは、その内容によって保険給付の対象となるか違うので、あらかじめ調べておきましょう。

階段昇降機について

階段昇降機は、高齢者や障がい者が、階段を安全に移動できる手段として非常に有効です。

設置する場所を問わず使えるコンパクトなタイプから、車いすのまま使用できる大掛かりなものまで種類がそろっているので、安全な移動には欠かせないといっても過言ではないでしょう。

 

ただし、残念なことに階段昇降機は、介護保険の給付対象ではないのです。
そもそも介護保険では、工事が必要な福祉機器に関して、給付の対象外となっており、給付を受けることができません。

では、全額負担で取り付けるしかないのか?ということになりますが、自治体の多くで、階段昇降機に対する補助制度を設けています。
自治体によって限度額や補助対象が変わってくるので、まずはお住まいの自治体に問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ

福祉機器は、高齢者や障がい者の生活を支援し、介護をしている人の負担も減らしてくれるアイテムとして欠かせないものといっても良いでしょう。

種類が多く、使い方もよく分からない、費用はどうなる?といった不安があれば、ケアマネージャーに相談すると安心です。

 

当社では、階段昇降機を取り扱っています。
介護保険の給付対象外ではありますが、費用面や取り付けなどに関しても、ご相談に乗りますので、興味のある方は是非お問い合わせください。

お待ちしております。

 

→シティリフトかわさきの階段昇降機 車いすタイプについてはこちら

関連記事

  • 高齢者が安全に利用できる階段とは?利用時の注意点などを解説高齢者が安全に利用できる階段とは?利用時の注意点などを解説 高齢者の転倒や転落事故が起こりやすい自宅の場所に、階段が挙げられます。 2階建て以上の家には必ず設置されていますよね。 「とにかく階段の上り下りには気を付けるしかない」そう考えている人も多いかもしれませんが、気を付けていてもこうした転落事故は防ぐことが難しいのが現状です。 […]
  • シニアになった犬に階段は危ない?危険な理由と対策を紹介シニアになった犬に階段は危ない?危険な理由と対策を紹介 「シニアといわれる年齢に入った愛犬が階段を昇り降りするのは危ない?」 「シニア犬が階段を登らないようにする対策を知りたい」   シニア期の愛犬の足取りに不安を感じ、対策を取りたいと願う飼い主さんはきっと多いでしょう。 この記事では、シニア期に入った犬が階段を使 […]
  • 足の筋肉の衰えはデメリットがいっぱい!簡単な筋力アップ方法を紹介足の筋肉の衰えはデメリットがいっぱい!簡単な筋力アップ方法を紹介 足の筋肉の衰えは、具体的な例としては、何もないところで躓く、階段の上り下りが辛い、長く歩くことが難しいなどが挙げられるでしょう。「年を取ってきたから仕方がない」という人も多いですが、実は足の筋肉は中高年になっても鍛えることが可能です。「そのためには、毎日特別な運動をしなければな […]
  • 高齢者のレクリエーションの目的は?運動で健康をキープ高齢者のレクリエーションの目的は?運動で健康をキープ 年齢を重ねると身体機能が低下していき、身体を動かすのもおっくうになるものです。 高齢であることや、持病があることを理由に自宅にこもりがちになってしまう人も少ないないと思います。 しかし、それではどんどん身体の機能が低下してしまいます。 […]
  • 階段の一段の高さに基準はあるの?一般的な高さと登りやすい高さ階段の一段の高さに基準はあるの?一般的な高さと登りやすい高さ 一般的な住宅と、駅や役場などの公共施設とでは、一段の階段の高さが違います。また観光地に行くと階段の高さは様々です。そのため階段の高さや幅などは自由に決められるものと思う人がいるかもしれません。 しかし、階段の高さは建築基準法により基準寸法が定まっています。 今回は、定められ […]
  • 寝たきりの人を安全に介助!ベッドから車椅子への移乗手順と注意点を解説寝たきりの人を安全に介助!ベッドから車椅子への移乗手順と注意点を解説 加齢や病気、ケガなどから、寝たきり生活になると、移動する際は車椅子を使用するケースが一般的です。 ベッドから車椅子に乗る際は介助が必要となり、介助する側・される側、どちらにも負担が生じます。ベッドから車椅子へ移乗する際は双方の負担が少なくなるよう、注意しましょう。 &nbs […]
このページのトップに戻る