車椅子のデメリットを知っている?種類と特徴もしっかり把握しよう|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

車椅子のデメリットを知っている?種類と特徴もしっかり把握しよう

車椅子は、歩けない人の移動手段としてよく使われますし、外で使用している人を見かけることもあるでしょう。
車椅子に対して「とても便利なもの」というイメージを持っているもしれませんが、実は車椅子にはデメリットもあります。
使いにくさや危険性もないわけではありません。
ここでは車椅子の種類や特徴、デメリットなどをお話ししましょう。

車椅子のデメリットを知っている?種類と特徴もしっかり把握しよう

車椅子は便利だけど…

車椅子を使ったことがない人からすると、「車椅子は便利なもの」というイメージがあるでしょう。
しかしながら、段差があるところでは操作が難しいですし、誰かの力を借りなければならないこともあります。

最近ではバリアフリー化している場所も多くなったので、車椅子で出かけても動きやすくなりました。

 

また、車椅子の種類も増え、以前よりもかなり便利なものになったといえるでしょう。

ただし、見ているのと実際に使うのとでは、やはりイメージは変わります。
車椅子の種類によっては、動きにくく長時間座っているのがつらいタイプもあります。

 

使いやすいものを求めるとそれなりの費用が掛かってしまいます。
車椅子は便利ではありますが、何かとデメリットも存在することを知っておきましょう。

車椅子の種類について

車椅子の種類は、細かく分けると様々な種類になるのですが、ここでは、標準型、多機能・モジュール型、電動型について解説します。

標準型は、文字通り標準的な車椅子のことで、スタンダートタイプとも呼ばれています。
ホームセンターなどでも購入できる、やや大きめの車椅子を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

 

多機能型・モジュール型は、使う人の体格やレベルに合わせて機能を変えられるタイプで、角度や部品を調整できるのが便利なところでしょう。
電動型はバッテリーを充電してその力で移動できるタイプです。
自分で動かす必要がないため、体力を消耗することがなく、使いやすいというメリットがあります。

 

また、車椅子の種類は、自走式か介助式かという点で分類されることもあります。

車椅子を使っている場合には、何かしら介助を要することが考えられますが、自分で操作できるタイプを自走式、自分では動かすことができず誰かが動かすタイプを介助式と言います。
使う人の状態によって車椅子の種類も変わるということですね。

車椅子の特徴

標準型車椅子の特徴は、バックサポートと呼ばれる後ろから、座面までが一枚布でできており、座幅は約40㎝となっています。
先ほども説明しましたが、ホームセンターなどでも購入できるため、なじみのある車椅子ともいえるでしょう。

 

多機能・モジュール型は、文字通り機能が豊富で、足を乗せるフットレストと呼ばれる部分が外れる・動く、アームサポートと呼ばれるひじ掛けが外れる・上にあげられるなどの様々な機能が備わっています。

使う人の状態に合わせて、車椅子を選択できるので、本人に合ったタイプを選ぶことが可能です。

 

また、最近では軽量化も進んでおり、持ち運びに便利なものも多くなりました。
車に乗せて外出し、その出先で車椅子を使うこともできるわけです。

電動式は、文字通り電気の力で動く車椅子です。
バッテリーを積んでおり、それを充電することで動く仕組みで、コントローラーを使って方向を選んでいきます。

車椅子のデメリット

車椅子は便利ではありますが、デメリットも知っておきたいところです。

まず、標準型は、一人一人に合った使い方ができません。
ずっと座っているとお尻が痛くなってしまいますし、フットレストやアームサポートが動かないことで、乗り降りが非常にしにくいです。

 

多機能・モジュール型については、機能は多いのですが、その分値段が高くなります。
機能を増やせば増やすほど費用も掛かりますし、標準型に比べると作りが繊細なので壊れやすいというデメリットがあります。
さらに機能の多さは、介助をする人にもその知識が求められるので、購入する前にあらかじめ操作方法を知っておかなければなりません。

 

そして、電動車椅子のデメリットは、まず重いということです。
どこかに出かけるとしても、持ち運びはまず難しいでしょう。
踏切などで立ち往生してしまうと、簡単に動かすことができません。
転倒をした場合にもそれは同様で、この重量はかなり大きなデメリットともいえるのです。

 

また、バッテリーを定期的に充電しなければなりませんし、寿命が3~4年といわれているので交換も必要になります。
さらに電動車椅子は精密機械ですから、雨などの水は大敵です。
天候によって使えないという点も、デメリットということになるでしょう。

 

また、これは車椅子全般に言えることですが、立っているときよりも座る分だけ視界が狭くなりますし、周りからも見えにくくなります。
動くときにはできるだけゆっくり、介助をする人もどこかにぶつからないように、操作を慎重に行う必要があります。

まとめ

車椅子は、デメリットもありますがメリットもあります。
使い方を誤らなければ、とても便利な移動手段となるので、メリットとデメリットの両方を頭に入れておきましょう。
また、自宅で車椅子を使っている場合には、2階など、どうしても移動に不向きな場所が出てきます。

 

その場合は、階段昇降機の導入を検討されてはいかがでしょうか。

当社では階段昇降機を取り扱っております。
車椅子でも、家の中を自由に移動できるお手伝いさせていただきますので、興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

 

シティリフトかわさきの階段昇降機 車いすタイプについてはこちら

関連記事

  • 身体拘束とは?介護の現場にどう取り入れられている?身体拘束とは?介護の現場にどう取り入れられている? 介護や医療に関する言葉で「身体拘束」という言葉をご存知でしょうか。 病院でもこの身体拘束については、いろいろ検討されていますが、今回は介護施設における身体拘束についてお話しします。 身体拘束とは? 身体拘束というのは、文字通り体の自由を奪ってしまう、つまり行動の自由を […]
  • 老人ホームの種類はどれくらい?準備する書類はある?老人ホームの種類はどれくらい?準備する書類はある? 老人ホームと聞くと、高齢者が入所するところ、というイメージがありますよね。確かに高齢者の入所施設なのですが、実はいろいろな種類に分けられているのです。自分の身内で、老人ホームに入所を考えている人がいた場合、その種類や役割などをあらかじめ知っておくと、いざというときに慌てることが […]
  • バリアフリー法におけるエレベーターや階段昇降機の扱いについてバリアフリー法におけるエレベーターや階段昇降機の扱いについて バリアフリー法は、高齢の方や障害を持った方が安全かつスムーズに移動できるように制定された法律です。 バリアフリー法が適用されるのは公共施設や公共交通機関、商業施設などのイメージがありますが、実は一般住宅にも適用されます。 ここでは、バリアフリー法について、また階段昇降機の扱 […]
  • 介護の時に使用する昇降階段とは?介護保険が適用されるのかも解説!介護の時に使用する昇降階段とは?介護保険が適用されるのかも解説! 車椅子使用者、介助者の方が非常に困るポイントとして「階段の上り下り」があげられると思います。 車椅子使用者の方が安全に生活を送れるために知っておくべき階段の上り下りの方法を解説します。 また、階段の上り下りの際に使える「階段昇降機」についても詳しく解説します。 介護時 […]
  • 福祉機器の種類にはどんなものがあるの?動作に合わせて解説福祉機器の種類にはどんなものがあるの?動作に合わせて解説 福祉機器(福祉用具ともいいます)と聞いて、思い浮かべるのは「車いす」や「介護用ベッド」ではないでしょうか。 ですが、実際の福祉機器はもっと種類が多いのです。 例えば、車いすは移動手段として使われますが、歩くことができても不安定な場合には、歩行器を使用します。   […]
  • 階段の一段の高さに基準はあるの?一般的な高さと登りやすい高さ階段の一段の高さに基準はあるの?一般的な高さと登りやすい高さ 一般的な住宅と、駅や役場などの公共施設とでは、一段の階段の高さが違います。また観光地に行くと階段の高さは様々です。そのため階段の高さや幅などは自由に決められるものと思う人がいるかもしれません。 しかし、階段の高さは建築基準法により基準寸法が定まっています。 今回は、定められ […]
このページのトップに戻る