自宅介護に階段昇降機を導入しよう 特徴やレンタル費用について解説|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

自宅介護に階段昇降機を導入しよう 特徴やレンタル費用について解説

ご家族に脚が不自由な方や、ご高齢の方がいる場合、ご自宅の階段の上り下りには介助が必要です。
しかし、介助を人の手で行うと、どうしても転倒の危険性があります。

 

そこで、転倒リスクや介助の負担を減らすなどの自宅介護の強い味方が「階段昇降機」です。
この記事では、階段昇降機の特徴から設置費用までをご紹介します。
ぜひ階段昇降機を設置する際の参考にしてください。

自宅介護に階段昇降機を導入しよう 特徴やレンタル費用について解説

 

自宅介護の強い味方!階段昇降機の特徴とエレベーターとの違い

階段昇降機とは、自宅の階段を自動で上り下りする装置です。
自宅介護の強い味方と言われる階段昇降機ですが、ここからは以下について解説します。

 

● 階段昇降機の特徴
● エレベーターとの違い

 

階段昇降機について詳しく知り、導入の参考にしてください。

階段昇降機の特徴|いす式と車いす式の2つ

階段昇降機には、「いす式階段昇降機」と「車いす式階段昇降機」の2種類があります。

名称

特徴

使用に適している方

いす式階段昇降機

装置がいすになっており、腰をかけて利用できる

 

階段の上り下り以外の歩行に問題がない方

車いす式階段昇降機

装置がプレートになっており、車いすのまま利用できる

日常生活で車いすを使用している方

 

車いす式階段昇降機 装置がプレートになっており、車いすのまま利用できる 日常生活で車いすを使用している方

階段昇降機には屋外用もあるので、自宅入り口の階段などにも設置できます。

ホームエレベーターとの違い|価格やメンテナンス費用

階段昇降機以外にも、階段の上り下りの負担をなくす装置があります。
それは、ホームエレベーターです。

 

では、階段昇降機とホームエレベーターには、どのような違いがあるのでしょうか。
一覧表にまとめてみました。

項目

階段昇降機

ホームエレベーター

工事

小規模

大規模

住宅の強度

あまり関係ない

強度が必要

価格

安い

高い

工期

短い

長い

メンテナンス

定期的に行った方がよい

義務付けられている

 

固定資産税

課税対象外

課税対象

ホームエレベーターは、間取りの確保が必要となるので、その分居住スペースが少なくなります。
本体価格相場は、250~500万円となり、ここに設置費用がプラスされます。

 

固定資産税の課税対象であり、メンテナンスも義務付けられているため、取り付け後も維持費がかかる点に注意しましょう。

階段昇降機を導入する前のチェックポイント4つ

階段昇降機を導入する前に、チェックしておく点は次の4つです。

 

1. 階段の幅
2. 停止場所の広さ
3. コンセントの有無
4. 補助金

 

詳しくご紹介します。

1.階段の幅|70cm以上は必要

階段昇降機を導入する前に、階段の幅をチェックしておきましょう。
設置する階段のタイプ・装置の種類により、必要な有効幅は変わります。
次の表を参考にしてください。

階段のタイプ

必要有効幅

直線のみ

約70cm

 曲線あり

約75cm

最近の住宅は、階段幅が75cm以上確保されているケースがほとんどです。
しかし、築年数が経過している住宅の場合、階段幅が狭い可能性があるため注意しましょう。

2.停止場所の広さ|装置分の広さと動けるスペースが必要

階段昇降機を導入する前に、装置の停止場所の広さをチェックしましょう。
いす・プレート部分の広さと、装置から降りて行動できる広さが必要です。
階段のすぐそばに停止スペースが確保できない場合は、業者に相談しましょう。

3.コンセントの有無|家庭用コンセントでOK

階段昇降機を導入する前に、階段の近くにコンセントがあるかチェックしておきましょう。
階段昇降機は、バッテリーで動きます。

このバッテリーは、充電する必要があるため、普段家庭で使用している電圧100Vのコンセントが必要です。

 

階段の近くにコンセントがない場合は、コンセントを増設しなければいけません。
階段昇降機にかかる電気代は月々約100円~400円です。

4.補助金について|自治体によって異なる

階段昇降機の設置は、公的介護保険の対象ではありません。
しかし、お住まいの地域によっては、補助金が使える可能性があります。

 

階段昇降機の設置をお考えの方は、設置する前に一度、ご自身がお住まいの自治体に問い合わせてはいかがでしょうか。

階段昇降機は購入するといくら?|設置費用も解説

階段昇降機の本体価格と設置費用を一覧表にまとめてみました。

工期は、どのタイプでも1日で完了する場合がほとんどです。

 

本体価格と設置費用を合わせると、120~300万円ほどかかります。
初期費用を抑えたい方は、レンタルを考えてはいかがでしょうか。

階段昇降機はレンタル可能|設置費用も解説

自宅介護で活躍する階段昇降機は、レンタルも可能です。
階段昇降機をレンタルするメリットをいくつかピックアップしてみました。

 

● 不要になったら返却できる
● 途中でタイプを変えられる
● 初期費用が抑えられる
● 無料で点検してもらえる

 

レンタルだと、生活の変化により使用期間や種類を変えられるので、あまり無駄がありません。
ほとんどのレンタル会社は、無料で点検してくれるので、メンテナンス面でも安心です。

月々のレンタル料金には、次のパターンがあります。

 

● 使用料+設置費用
● 使用料のみ(別途設置費用を支払う必要がある)

 

使用料に設置費用が組み込まれているパターンの場合、レンタル期間が長くなるほど、割高になる可能性があります。

レンタル料金の相場を一覧表にまとめました。

階段昇降機のタイプ

階段のタイプ

レンタル料金相場

設置費用相場(取り付け工事・撤去費込み)

いす式

 

直線

1~1万7千円

 16万円~

曲線

2万7千円前後

 66万~

期間限定で使用したい方や、初期費用を抑えたい方は、レンタルを利用するのも1つの手です。

まとめ

階段の上り下りは、自宅介護のほんの一部かもしれません。
しかし、階段昇降機があると、転倒の危険性・体力の消費を少なくしてくれます。
ホームエレベーターに比べ、費用は安く、大規模な工事も必要ありません。

 

初期費用にお悩みでしたら、レンタルを検討してはいかがでしょうか。
この記事が、階段昇降機を設置する際の参考になれば幸いです。

 

シティリフトかわさきの階段昇降機レンタルについてはこちら

関連記事

  • 高齢者が困っていることは?周囲がすべきサポートを確認高齢者が困っていることは?周囲がすべきサポートを確認 高齢者が困っていること、そういわれて何が思い浮かびますか?自分がその立場になってみないとピンとこないことも多いかもしれませんが、高齢になると今までできていたことが難しくなるので、それがそのまま「困っていること」に直結しやすくなります。高齢者の困っていることは、年齢を重ねたことに […]
  • ユニバーサルデザインとは?七つの原則やバリアフリーとの違いを解説ユニバーサルデザインとは?七つの原則やバリアフリーとの違いを解説 近年、「ユニバーサルデザイン」という言葉をよく耳にするようになりました。 言葉は知っているけれど、具体的にどのようなことを指すのか分からないという方も多いのではないでしょうか。   今回は、ユニバーサルデザインとは何か、どういう背景で生まれたのか、またバリアフリ […]
  • 歩行介助の方法 | 家族も安心、心強い支え方歩行介助の方法 | 家族も安心、心強い支え方 日常の中で家族が必要としている歩行介助。 本記事では、そんな歩行介助の基本から応用まで、家族も安心して実行できる心強い支え方をご紹介します。   まずは歩行介助の目的を明確にし、歩行のメカニズムを理解することが大切です。 立ち上がりの支援から歩行中のポイント、 […]
  • 段差の「昇る」「降りる」を車椅子で安全に行う介助方法を解説段差の「昇る」「降りる」を車椅子で安全に行う介助方法を解説 車椅子の操作をした経験のない方が、急に段差の昇降を行うのは非常に危険です。 そこで、本記事では初心者でもすぐに実践できる安全な段差の介助方法を解説していきます。 また、車椅子の基本的な操作方法や注意点なども載せていますので、併せてご参照ください。 車椅子の基本操作|安 […]
  • 階段を上るのがつらい!その理由と対策を詳しく解説階段を上るのがつらい!その理由と対策を詳しく解説 高齢になると、若いころとは違うと痛感する点が増えてきますよね。 中でも「階段がつらい、特に上るのが大変」という意見が多いのです。   確かに「年を取ると足がうまく上がらない・躓きやすい」ということをよく耳にします。 また、高齢者のけがや骨折の要因としても、階段 […]
  • 高齢化に伴い増加する「老老介護」。その原因や問題点と対策はどうなっている?わかりやすく解説します!高齢化に伴い増加する「老老介護」。その原因や問題点と対策はどうなっている?わかりやすく解説します! 令和5年版「高齢社会白書」によると、2022年10月1日段階での65歳以上の高齢者は3,624万人で、総人口の29%を占めています。 少子化により若年人口が減ったことと相まって、高齢者が高齢者の介護を行う「老老介護」もよく見られるようになりました。 本記事では老老介護の定義 […]
このページのトップに戻る