階段昇降機を設置するにはどんな条件がある?|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

階段昇降機を設置するにはどんな条件がある?

一軒家にお住まいで、二階への昇り降りがつらくなった方はいらっしゃいませんか?
使い慣れた階段や段差であっても体力の衰えや、怪我もしくは病気などで階段を不安に思うことがあるでしょう。

 

ご自身だけではなく、ご家族にそのような方がいらっしゃるご家庭では階段昇降機の設置を検討されると思います。
改築が必要なホームエレベーターは敷居が高くても、階段昇降機であれば費用面や工期が短いなど多くのメリットがあります。
しかし、どんな住宅にでも設置できるとは限りません。

 

ここでは階段昇降機を設置するにはどのような条件があるのか、費用はどのくらいかかるのか、定期的なメンテナンスなど安全に使用するにはどのようなことが必要になるのかお話しします。

階段昇降機を設置するにはどんな条件がある?

昇降機とは

昇降機とはエレベータを含む人を載せて上下、もしくは斜行、場合によっては水平方向に移動する装置です。
エレベータは箱状の移動体に人が自ら乗り込むものですが、階段などに沿って一人乗りの椅子や、車椅子ごと乗り込めるゴンドラが移動する階段昇降機。

 

車いすでは乗り越えられない大きな段差を、簡易的に補完する段差解消機などがあります。
いずれの装置も、人が安全に移動するための配慮がなされていて、これらの設備は設置する際に確認申請や定期的なメンテナンスが必要です。

階段昇降機とは

階段昇降機とはその名の通り、階段の昇り降りが困難なひとのために移動を手助けする設備で、階段の壁面や手すりのようにレールを設置し、人が乗る昇降装置がレールに従って移動する構造の設備を言います。

 

エレベータやエスカレータが設置されていない施設の階段や、道路から玄関、エントランスなどへ向かう大きな段差のあるところに設けられます。
学校や駅、病院や福祉施設などの公共施設はもちろん個人宅に設けられ、設置される場所は増える傾向にあります。

家庭用階段昇降機

病気や怪我またはご高齢により、おひとりでは階段の登り降りに障害がある人が暮らす住宅では、ご本人の安全だけではなく、手助けする家族や介助者の負担を少なくする理由で家庭用階段昇降機の設置が望まれます。
階段昇降機は大規模な改築が不要で、機材の価格が比較的安価で、設置工事もほとんどの場合で一日もしくは数日程度で設置できます。

 

階段昇降機の構造は、階段の壁面にレールを設け、一人乗りの椅子がレールに沿って上昇下降する構造が多く、移動する椅子に座った人が自らスイッチなどで操作し不随意に動作しない安全装置が設定されています。
同居されるご家族の昇降機を使わない階段移動を妨げず、レールに触れても安全が保たれる構造が必要です。

 

住宅の階段はそれぞれの建物ごとに階段の構造が違っていて、途中に踊り場があるなどL字やコの字に曲がる構造や、階段の幅や角度が違っておりそれぞれに適した昇降機を選定します。
従って一概に費用は決まりませんが概算として直線階段への設置で60万円程度から、L字型などの途中で曲がる構造の階段ではだいたい150万円からが最低限のラインとなります。

 

また安全の確保のため、メーカーやメンテナンス会社による定期的な点検、整備が必要で電気代を含めたランニングコストが発生します。

車椅子用の昇降機

昇降機には車いすのまま乗り込める昇降機があります。
前記した椅子型の昇降機よりも広い設置スペースが必要なため一般的な住宅の室内への設置は難しいですが、階段に合わせてレールで移動する階段昇降機と、道路から玄関までの数センチから数メートルの段差を上下に移動する段差解消機の二つのタイプがあります。

 

車いすが乗り込める大きなゴンドラのような機材とそれが移動できるスペースが必要で、装置は大型の物となります。
またゴンドラ部分と車いすが乗り込んだ時の重量も大きくなり、移動する機構も大きく丈夫なものが必要となります。
それは高額な設置コストとなり、設置場所の壁や階段部分の強度が必要で、場合によっては改築が必要となります。

 

概算ですが屋内用直線階段であれば設置費用を含めて400万円から、階段の途中で方向が変わる階段への設置では650万円以上が必要です。

まとめ

健康な時にはなんでもなかった段差や階段は、病気による体調不良や怪我、そして年齢による歩行の障害により登り降りに支障をきたすようになります。
もしもそんな状態に陥っても住み慣れた家には住み続けたいですね。

 

設置には多くのお金が必要になりますが階段昇降機を設置することで、昇り降りが楽になり、それまでと変わらない生活を続けられるかもしれません。
建物の構造により階段昇降機の設置条件がありますので、設置業者や専門家に相談しましょう。

 

シティリフトかわさきの階段昇降機についてはこちら

関連記事

  • 車椅子介助の正しいやり方とは?場面ごとの方法と注意点を詳しく解説車椅子介助の正しいやり方とは?場面ごとの方法と注意点を詳しく解説 家族が車椅子利用者になった際、どのように車椅子介助を行えばいいのか、どんな注意点があるのか知っておきましょう。 車椅子は要介護者が移動する際に役に立ちますが、少し使い方を間違えると思わぬ事故や怪我につながる可能性があります。   要介護者も介助者も安全に車椅子を […]
  • ショートステイとは?期間や料金・内容を知っておこうショートステイとは?期間や料金・内容を知っておこう 「ショートステイ」と呼ばれる介護サービスがあります。 初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。 どんなサービスで、どんな内容なのか、さらに料金についても知っておけば、必要な時にスムーズに利用できるようになります。 ショートステイを利用する場合の期間も合わせて、詳 […]
  • 入浴介助の手順と注意点入浴介助の手順と注意点 高齢者の介護の中で、食事や排せつなどと同じように、介助を必要とするものに入浴介助がありますよね。 入浴介助は「お風呂に入るためのお手伝い」と簡単に考えてしまう人もいますが、実は介助の中でいろいろな危険が潜んでいるのが入浴です。 せっかく入浴のお手伝いをするのなら、介助する側 […]
  • 福祉機器(福祉用具)の違いは何?介護用品の種類や利用者を解説福祉機器(福祉用具)の違いは何?介護用品の種類や利用者を解説 福祉機器(福祉用具)を使うとき、同じ意味を持つような「介護用品」という言葉を見かけて悩んだことはありませんか? 2つの言葉はどちらも健常者のような暮らしができないときに使用するものに思えますが、実は使用目的や種類、使う人が少し違うのです。 今回は、介護するのに便利な用品と一 […]
  • 高齢者に多い歩行障害の原因とは?高齢者に多い歩行障害の原因とは? 高齢者になると、聴力や視力が低下したり全身の感覚が鈍くなったりとさまざまな身体の機能が衰えていきます。 中でも介護につながる恐れもあり注意したいのが歩行機能の低下です。 歩行障害は転倒による骨折を招くリスクを上げる恐れもあり危険です。 […]
  • 車椅子の人のために学校が施す工夫 バリアフリーへの対策方法を解説車椅子の人のために学校が施す工夫 バリアフリーへの対策方法を解説 文部科学省は2025年までに、バリアフリートイレ・エレベーター・スロープなどの設備を、避難所に指定されている公立の学校に設置する目標を掲げました。   その影響もあり、特別支援学校以外校でも車椅子の生徒が過ごしやすいためのバリアフリー化が進んでいます。 今回は、 […]
このページのトップに戻る