高齢者の転倒予防 階段での事故を防ぐ対策|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

高齢者の転倒予防 階段での事故を防ぐ対策

高齢者にとって、階段の安全性や快適性は、健康な生活を送る上で非常に重要です。足腰が弱い方でも昇降しやすくしておくことで、多くの人が施設を利用しやすくなります。本人の安全性を確保するだけではなく、多くの人の来訪を促すためにも、階段の安全性の確保は欠かせません。

 

この記事では現代の階段をめぐる問題と、具体的な解決策をご紹介します。公共施設や病院、介護・福祉施設などで特に解決が急がれている課題になりますので、該当する方は早急な理解と解決を進めていきましょう。

 

高齢者の転倒予防 階段での事故を防ぐ対策

なぜ高齢者向けの階段の対策が重要なのか

高齢者が安全かつ快適に階段を利用できるようにするためには、対策が欠かせません。すでにご存知かと思いますが、改めてその理由を確認しておきましょう。

高齢者は筋力やバランス感覚が低下している方が多いため、段差の見落としや不安定な足元が原因で転倒しやすくなります。

また、高齢者は体力が低下しているため、階段の昇降は大きな負担になります。「買い物難民」といわれる方々の多くは、目的地までの距離が負担となっていますが、それには坂道や階段の昇降も含まれていると考えておきましょう。

安全な階段づくりの基本

手すりやスロープの設置

もし階段に手すりがなければ設置を急ぎましょう。手すりを設置することで、高齢者の安全性が飛躍的に向上します。また、車椅子の方にとっては1つの段差でも大変です。公共施設やクリニックなどではスロープを導入しましょう。

明るい照明の重要性

良好な照明は階段利用時の視認性を向上させ、転倒や事故を防ぎます。階段のステップに設置したり、反射材を取り入れるなどして対策をすると良いでしょう。

階段昇降機の導入で安全性を確保

予算がある場合、高齢者が安心して階段を利用できるように、エレベーターやエスカレーター、階段昇降機の導入が有益です。特に階段昇降機は限られたスペースでも導入しやすく、福祉施設や公共施設、一般住宅などでも利用されています。

階段昇降機の特徴は以下の通りです。

1. 階段に取り付け可能

階段昇降機は、既存の階段に取り付け可能です。これにより、住宅や施設などで手軽に利用することができます。

2. カスタマイズ可能な設計

階段昇降機は、様々な階段に合わせてカスタマイズできます。急な階段や曲がり階段も対応できます。

3. 使いやすい操作パネル

操作パネルはシンプルで使いやすくデザインされています。ボタン一つで昇降が可能であり、高齢者や身体の不自由な方でも簡単に操作できます。

4. 折りたたみ可能なデザイン

利用がないときや通路の妨げになる場合、階段昇降機はコンパクトに折りたたむことができます。これにより、他の人が階段を通る際にもスムーズに移動できます。またレールに関しても手すりとして利用することもできます。

5.静音性

モーターや駆動部分が静音性の高いものが多いため、周囲への騒音を最小限に抑えます。

6.停電時も使える

電源は主に電気を使用しますが、バッテリー駆動のモデルもあり、停電時にも安心して利用できます。

7.耐久性とメンテナンスのしやすさ

階段昇降機は一般的に耐久性が高く、定期的なメンテナンスがしやすい構造となっています。これにより、長期間にわたって安心して利用できます。

階段昇降機は、高齢者や身体の不自由な方々にとって、階段の利用を容易にし、生活の質を向上させるための効果的な補助具となっています。

まとめ

階段や段差は日常の様々な箇所にありますが、高齢者や身体が不自由な方には大きな負担になります。手すりやスロープ、階段昇降機の導入は、店舗や施設の利便性や安全性の向上に繋がります。

 

今回のテーマについては、公共施設や店舗だけでなく、ご自宅でも活用できるものです。家族の高齢化に伴い、トイレやバスルームと合わせて階段のバリアフリー化も重要です。ご自宅でも利用できるコンパクトな階段昇降機もありますので、ぜひご検討ください。

 

なお、階段昇降機の導入をお考えでしたら、シティーリフトにご相談ください。用途や施設に応じた階段昇降機をご提案します。

シティリフトかわさきの階段昇降機についてはこちら

関連記事

  • ノーマライゼーションとは?課題やバリアフリーとの違いを解説ノーマライゼーションとは?課題やバリアフリーとの違いを解説 「ノーマライゼーション」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。主に福祉用語として使われていて、「障がいのある人が障がいのない人と同じように生活し、いきいきと活動できる社会を目指す」という意味があります。そして同じような言葉に「バリアフリー」もありますよね。この2つの言葉、同 […]
  • 転倒の予防&防止に効果的な体操や運動をチェック転倒の予防&防止に効果的な体操や運動をチェック 高齢者の方にとって、転倒は大けがや寝たきりの原因にもなる大変危険なものです。 普段の生活から転倒しないように注意しなければいけませんが、転倒の予防や防止のためにはどんなことをすればいいのでしょうか? 転倒の予防や防止に効果的と言われる体操や、運動について見ていきましょう。 […]
  • 車椅子の人のために学校が施す工夫 バリアフリーへの対策方法を解説車椅子の人のために学校が施す工夫 バリアフリーへの対策方法を解説 文部科学省は2025年までに、バリアフリートイレ・エレベーター・スロープなどの設備を、避難所に指定されている公立の学校に設置する目標を掲げました。   その影響もあり、特別支援学校以外校でも車椅子の生徒が過ごしやすいためのバリアフリー化が進んでいます。 今回は、 […]
  • 車椅子が不便だと感じる瞬間 日々の経験から学ぶ暮らしの工夫車椅子が不便だと感じる瞬間 日々の経験から学ぶ暮らしの工夫 車椅子使用時の日常生活で直面する困難と工夫   車椅子を利用する方々は日常生活において様々な困難に直面しつつ、工夫を重ねています。 家の中での移動や台所仕事の難しさ、バリアフリー不足の問題、トイレや浴室の使用、衣服の着脱の障壁、そして物の収納から取り出しまで […]
  • バリアフリーとユニバーサルデザインの違いは?2つの特徴を解説バリアフリーとユニバーサルデザインの違いは?2つの特徴を解説 最近、ハウスメーカーの広告などでよく「ユニバーサルデザイン」という言葉を聞きませんか? 実際に取り入れている住宅をみると、バリアフリーと何が違うのか分からないと感じる人も多いでしょう。 2つは似たような意味を持っているようにみえますが、実は特徴が違うのです。 そこで今回は […]
  • エレベーターの電気代を節約する方法!あなたの知らないコツエレベーターの電気代を節約する方法!あなたの知らないコツ エレベーターの運用には、電力消費に関するいくつかのポイントがあります。 この記事では、基本的な消費電力から、稼働時間や利用者数が及ぼす影響までを解説します。   エレベーターがどのくらいの電力を消費しているのか知っていますか?   基本的な消費電力 […]
このページのトップに戻る