階段昇降機の設置に介護保険は適用される?|階段昇降機(車いす式・いす式)の設置販売ならシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~18:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

階段昇降機の設置に介護保険は適用される?

階段昇降機の設置を検討している場合、介護保険が適用されるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
階段昇降機は、体の不自由な方や高齢の方でも安全かつスムーズに階段の上り下りをサポートしてくれるので、高齢化社会の現代には必須の設備とも言えます。
当記事では、階段昇降機の種類や介護保険が適用できるか、などについてご説明していきます。

階段昇降機の設置に介護保険は適用される?

階段昇降機とは?

階段昇降機は、階段の上り下りが困難もしくは介助が必要な高齢の方、体が不自由な方、障害がある方のための福祉用具の一種です。
階段昇降機を設置すれば、QOL(生活の質)を向上させたり、階段からの転落やつまずきなどケガを予防したりすることができます。

 

階段昇降機の種類

階段昇降機には種類があるので、使いやすいもの、家に設置しやすいものを選ぶことができます。

 

椅子式階段昇降機

椅子式階段昇降機は、椅子が搭載されているタイプの昇降機です。
椅子は折りたたみ仕様になっているのが一般的なので、使わない時はスリムに収納でき、見た目にもすっきりしています。
階段の形状に合わせて、直線型やL字型、コの字型などに対応していますから、どのような階段にも設置できます。

利用する時は、自分で昇降ボタンやレバーを押し続けなければいけませんが、巻き込みや接触事故を防ぐための安全設計なので、安心して利用できるのが特徴です。

 

可搬型階段昇降機

可搬型階段昇降機は、昇降フットや車輪をスイッチで操作できるタイプの昇降機です。
階段に取り付ける固定型ではなく、持ち運びができるというメリットがありますが、操作をするには資格を取得しなくてはいけません。

 

利用者のご家族が資格を取得すれば利用できますが、操作できる人は資格取得者のみなので、自宅で昇降機を使いたい場合は椅子式階段昇降機を選ぶことをおすすめします。

 

車椅子用階段昇降機

車椅子用階段昇降機は、車椅子を昇降機に乗せて上り下りできるタイプの昇降機です。
車椅子を乗せるので、椅子式よりも階段幅が必要になるため一般家庭には基本的に設置しません。
車椅子用階段昇降機は、駅や市役所など主に公共機関に設置されます。

 

階段昇降機は介護保険で設置できる?

階段昇降機は、介護保険では設置できません。
これは、厚生労働省の「福祉用具に関する法令上の規程について」にも記載されています。

“③ 据置式
床又は地面に置いて、その機器の可動範囲内で、つり具又はいす等の台座を使用して人を
持ち上げるもの又は持ち上げ、移動させるもの(エレベーター及び階段昇降機は除く。)(※1)”

そのため、介護保険対象者である65歳以上の高齢者で「要介護」または「要支援」の認定を受けている方でも、40歳から64歳の医療保険加入の高齢者で16種類の特定疾病により要介護または要支援の認定を受けている方でも、階段昇降機の設置費用は支給されないのです。

 

(※1)参照元:厚生労働省「福祉用具に関する法令上の規程について」

 

階段昇降機の費用負担を軽減する方法

階段昇降機に介護保険は適用されませんが、自治体によっては助成金や補助金という形で導入費用をサポートしてくれます。
助成金や補助金を支給してもらえれば、希望に沿った階段昇降機を導入しやすくなるので、申請を検討してみましょう。

 

ただし、残念ながら誰でも申請できるというわけではなく、自治体によって対象者の条件が決まっています。

 

【階段昇降機 助成対象者条件一例(高齢者)】

東京都 区 助成対象者条件
港区(※1) 1.日常的に車椅子又は歩行器を利用している方(認知症等のため、昇降機を自力で操作することが困難な場合、同居の家族等が昇降機を日常的に操作できるときに限る)
2.医師の意見書を提出できる方
3.玄関、居室、浴室、洗面所、台所、便所のうち1つが住宅の2階以上又は地下階にあり、日常的に昇降する必要がある
中央区(※2)

1.「自立」と認定された日常動作能力が低下している方で、要介護状態への予防のため特に必要と認められる方

2.「要支援」・「要介護」と認定された方で、介護保険の対象とならない流し・洗面台の取替え、浴槽の取替え・便器の洋式化等の改善および階段昇降機の設置が必要と認められる方

練馬区(※3) 65歳以上の、介護保険の要支援1・2または要介護1~5と認定された方で、身体機能の低下や障害のために既存の設備の使用が困難な方

※1 参照元:港区「昇降機設置費助成」
※2 参照元:中央区「住宅設備改善給付」
※3 参照元:練馬区「自立支援住宅改修給付 設備改修」

 

同じ東京でも区によって対象条件はまったく異なるので、お住まいの自治体の条件を確認してみましょう。
対象者条件をクリアしていれば、階段昇降機導入のための費用負担を軽減できます。

 

まとめ│階段昇降機を設置はプロの業者に相談を

階段昇降機を設置したいと思っても、介護保険が適用されないことで諦めてしまう方もいるかもしれません。
しかし、自治体によっては助成金や補助金を支給してくれますから、まずは福祉事務所に相談してみるといいでしょう。

 

ただし、行政の手続きは複雑で、補助金などの適用条件も細かく分かりづらいこともあるので、階段昇降機導入の悩みや不安がある方は、ぜひ当社にご相談ください。

 

→シティリフトかわさきの階段昇降機についてはこちら

 

このページのトップに戻る