段差解消機とは?種類やメリット、選び方について解説|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

段差解消機とは?種類やメリット、選び方について解説

段差解消機とは、あまり耳にしたことがない言葉ですが、漢字のイメージからすると、段差を解消する機械ということになりますね。ですが、段差を解消する機械というもの自体を、見ることは少ないのではないでしょうか。イメージとしてつかみにくい人は、階段昇降機をイメージすると良いかもしれません。階段昇降機は、階段に機械を取り付け、その機械の力で階段の上り下りができる優れもの。段差解消機も、何らかの機械を使って段差を簡単に乗り越えるためのものと考えていいといえます。
ここではそうした段差解消機の種類、メリットや選び方などについていくつかお話していきましょう。

段差解消機とは?種類やメリット、選び方について解説

段差解消機とは

段差解消機とは、文字通り段差を解消するための機器です。特に車いす生活を送っている人に、この段差解消機は心強い味方であり、設置をすることで生活の不便の一つを解消できるといって良いのです。段差を解消するための設備として思い浮かべるのが、スロープだという人は多いかもしれません。階段の上り下りが難しい場合に、スロープを設置することで、安全に移動が可能になるでしょう。ですが、スロープは思っている以上に設置スペースが必要になります。段差を解消するための角度や幅によっては、かなりの広さがなければ設置できない可能性もあるのです。それに比べると、段差解消機は昇降する面に乗り、スイッチやハンドル、ペダルなどで操作をし、段差を移動するものです。車いすが乗るスペースがあればどこにでも設置できるので、非常に手軽に段差を解消できるといえるでしょう。

段差解消機の種類

段差解消機は、大きく分けると2つの種類があります。それは電動式と手動式です。電動式の段差解消機は、昇降する面に乗ってスイッチなどで電動モーターを動かし、移動するタイプです。介助者がいなくても、スイッチで操作できるので、簡単に使えるでしょう。また、最近では、スイッチを押している間だけ昇降できるタイプが多く、安全面でも優秀に作られています。電動式は、屋外では使い方に制限があるといわれていましたが、これも改善され、さまざまな場で活躍しているのです。

 

そして、手動式の段差解消機ですが、これは昇降する面に乗って、ハンドルや足踏みペダルなどを使い動かします。自宅で簡単に段差解消機を設置するなら、手動式で問題ないという人も多いのです。しかし、手動式段差解消機は、動かすのは車いすに乗っている本人ではなく、介助者が行うため、介助者がいないときは動かすことができません。段差を移動しようとしても、一人では使えないとなると、設置する場所にも検討が必要となるでしょう。

段差解消機のメリット

段差解消機は、設置スペースの広さを問わずに使えることが大きなメリットといえます。スロープは、設置するために、段差の12倍の長さが必要となるので、非常に長いスペースが必要となります。段差解消機は、車いすが乗るスペースが確保できれば(介助者が一緒に乗れるスペースならなお望ましい)、すぐに設置できるので非常にコンパクトな機械といえるでしょう。また、介助者の負担も大きく建言することが段差解消機であれば可能です。スロープの介助は、いくらなだらかな角度だとは言え、介助者には大きな力が必要となりますし、介助される側もその都度心苦しい思いをしなければなりません。段差解消機は、電動式であれば介助者がいなくても移動できますし、手動式でもハンドルや足踏みペダルの操作だけで済みます。介助する側とされる側、双方に大きなメリットがあることになります。

段差解消機の選び方

設置スペースが狭い段差解消機ですが、どういったタイプを選ぶのかということも忘れてはいけません。狭くても、設置できるのであればなんでも良いというわけにはいかないのです。まず、費用面で考えると、電動式段差解消機に比べると、手動式の方がかなり安く済むことが可能です。電動式段差解消機は、安くても50~60万円台、高いものだと100万円を超えることになります。手動式段差解消機は、それに比べると20~30万円台なので、費用を抑えることができます。電動式が便利ではありますが、やはり費用面での問題は簡単ではありませんよね。介助者が常にいるというケースでは、手動式段差解消機を選ぶと良いでしょう。

 

ただし、車いすの操作に問題がなく、また、上半身がしっかりと動かせる人であれば、一人で操作できる電動式段差解消機は、非常に有効な手段となります。少しの外出でも、誰かに介助してもらわなければならないのは心苦しいという人には、電動式段差解消機がおすすめかもしれません。段差解消機には、据え置き型と埋め込み型とがあります。据え置き型は工事が比較的簡単ですし、費用も安く済むので便利ですが、見た目や収納ということにこだわる場合には、埋め込み型が適しています。段差解消機は、一度設置すると簡単に取り外す・移動するということが難しい機械です。どういう使い方をして、どんなタイプを選ぶのか、あらかじめしっかりと検討をして設置を進めていきましょう。実際に、段差解消機を設置してから、こんなはずではなかったというトラブルもないわけではないので、事前の検討が重要だと考えるのが無難です。

まとめ

段差解消機は、省スペースで段差を移動できる優れものですが、選び方によってはうまく活用できないこともあります。また、階段などの移動には、階段昇降機が便利です。当社でも、階段昇降機を取り扱っております。家の中のバリアフリーを検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

シティリフトかわさきの階段昇降機についてはこちら

関連記事

  • 膝が曲がらない原因と対策膝が曲がらない原因と対策 人間の体のなかで、いちばん負担のかかっている関節はどれかお分かりになりますか。手首、肘、それとも足首でしょうか。正解は膝の関節です。膝は、座ったり、立ったりするときにも歩くときにも使う関節。日常生活を送るうえで切っても切り離せない重要な部位なのです。 今回はこの膝が曲がらなく […]
  • ノーマライゼーションとは?課題やバリアフリーとの違いを解説ノーマライゼーションとは?課題やバリアフリーとの違いを解説 「ノーマライゼーション」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。主に福祉用語として使われていて、「障がいのある人が障がいのない人と同じように生活し、いきいきと活動できる社会を目指す」という意味があります。そして同じような言葉に「バリアフリー」もありますよね。この2つの言葉、同 […]
  • トランスファーとは何か?介護の現場で重要な役割を解説トランスファーとは何か?介護の現場で重要な役割を解説 介護においてトランスファーの技術は非常に重要です。 トランスファーとは、文字通り「移動」や「移乗」のことであり、介護される人をベッドから車椅子へ、または逆の移動を安全かつ効率的に行う方法を指します。   このプロセスは、被介護者の自立支援だけでなく、安全性を保つ […]
  • 介護現場の車椅子とベッド間の移乗介助!手順と事故予防の方法を解説介護現場の車椅子とベッド間の移乗介助!手順と事故予防の方法を解説 介護施設において、移乗は毎日何度も行う介助の一つです。 しかし、移乗介助のポイントや注意点を押さえずに実施すれば、怪我や事故にもつながる可能性があります。 本記事では、最もよく行う「ベッドと車椅子間の移乗」に焦点を当てて、ポイントと注意点を解説します。 利用者に不安な […]
  • 車椅子での家の危険ポイントと対策!今日からできること車椅子での家の危険ポイントと対策!今日からできること 家は日々の生活を送る上で最も安心できるはずの場所ですが、車椅子を使用している場合、思わぬ危険が潜んでいることもあります。   段差や狭い通路、滑りやすい床など、家の中には車椅子ユーザーにとっての危険ポイントが数多く存在します。 しかし、適切な対策を行うことで、こ […]
  • 【場面別】車椅子で階段の上り下り方法を紹介!階段昇降機も徹底解説【場面別】車椅子で階段の上り下り方法を紹介!階段昇降機も徹底解説 車椅子使用者、介助者の方が非常に困るポイントとして「階段の上り下り」があげられると思います。 車椅子使用者の方が安全に生活を送れるために知っておくべき階段の上り下りの方法を解説します。   また、階段の上り下りの際に使える「階段昇降機」についても詳しく解説いたし […]
このページのトップに戻る