階段昇降機が設置できる条件とは?メリットや費用を抑えるコツも解説|階段昇降機(車椅子用・いす式)の設置販売なら神奈川のシティーリフトかわさき

受付時間 9:00~17:00044-750-0716

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

階段昇降機が設置できる条件とは?メリットや費用を抑えるコツも解説

階段昇降機を自宅に設置しようと検討しているものの、どうしたらよいか分からず悩んでいませんか。
階段昇降機の設置は、大規模な改修は不要ですがいくつかの条件を満たす必要があります。

 

この記事では、設置前に確認すべきポイントや設置するメリットについて解説します。
設置費用を抑える方法についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

階段昇降機を設置するために必要なポイント3つ

階段昇降機は、大がかりなリフォームなしで設置が可能です。
しかし、どのような家でも取り付けられるわけではなく、お住まいの状況によっては設置が難しいケースもあります。

ここでは、昇降機を設置するうえで確かめておくべきポイントを紹介します。

1.階段に必要な横幅はある?

階段昇降機は折りたたんだ状態でも結構な厚みがあるため、設置にあたっては階段に一定の幅が必要です。
直線階段の場合は最低でも70cm、曲がり階段は75cmほど余裕があるのが望ましいでしょう。

一般的に、階段は十分な幅をもたせているためそれほど心配する必要はありません。

 

しかし古い住宅の場合、階段幅が通常より狭い事例もあるため、確かめておくと安心です。
一部を改修すれば取り付けできる可能性もあるため、業者に相談するとよいでしょう。

2.階段のそばにコンセントはある?

階段昇降機にはバッテリーが搭載されており、定位置で停まったときに充電器から自動的にチャージされる仕組みとなっています。

 

そのため、階段には充電器を取り付ける必要があり、近くにコンセントが必要です。
一般的な100Vのコンセントが、階段のそばにあるか確認しましょう。

 

階段の近くにコンセントがなかったり、既にあるコンセントが別の用途で埋まっていたりする場合は、新たに設置する必要があります。

3.屋外なら敷地の境界線は超えない?

玄関につながる屋外階段に昇降機を設置したいご家庭もあるでしょう。
屋外の設置は、住居の立地や方向などによって椅子やレールが敷地をはみ出す場合があるため、確認が必要です。

特に、階段の一番下の段と公道の間にあまりスペースがない場合、境界を超えてしまう可能性が高くなります。

 

敷地を超える場合、そのままでは設置ができません。
どのように設置すれば敷地内に収まるか、十分に検討する必要があります。

階段昇降機を設置するメリットとは

階段昇降機の設置による、主なメリットについて解説します。
考えているメリット以外にも、得られる利点があるのではないでしょうか。
参考にしてください。

足腰が弱くても階段昇降が苦にならない

階段昇降機をつける最大のメリットは、以下の方でも階段の昇り降りが苦にならなくなる点です。

 

● ケガや病気で足が不自由になった
● 高齢になり体力的・身体的な理由で階段の昇り降りが辛く感じる
● 障がいや車椅子の使用により、階段昇降が難しい

 

昇降機を取り付けると、利用する方はボタンやレバーを操作するだけで階段移動できるようになります。
2階への移動を諦めたり、誰かにお願いしたりする必要もなく、これまで通りの生活が可能です。

介助者の負担が軽減する

高齢者や障がいのある方、ケガや病気の方の生活をサポートしている家族の負担が、大きく軽減する点も階段昇降機導入のメリットです。
階段昇降が難しい方を、2階に連れて行くのは簡単ではありません。

 

場合によっては、介助者もろとも階段の途中から転落する事故も起こり得るでしょう。

昇降機を取り付ければ、家族の誰もが安全に1階と2階を往来できるようになります。
介助する方は、肉体面だけでなく精神面でも負担が大きく軽減するでしょう。

大規模工事なしで取り付けができる

階段昇降機の取り付けにあたっては、住居の大規模なリフォームや増改築は必要ありません。
階段の床面に金具をつけてレールを固定し、椅子をはめ込んで動作を調整するだけです。

 

そのため、直線状の階段だけでなく、らせん階段などであっても問題なく設置できます。
今ある階段にそのまま設置でき、基本的に誰でも簡単に操作できる点も、大きなメリットといえるでしょう。

階段昇降機の設置費用をどう抑える?2つの方法

階段昇降機のメリットは理解しているものの、費用がかかるため取り付けを悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
ここでは、設置費用を抑える方法を2つ紹介します。

1.購入ではなくレンタルする

階段昇降機は、購入ではなくレンタルもできます。
レンタルの場合、かかるのは工事費・撤去費を含む初期費用と月々のレンタル料金のみのため、総合的に考えると購入より安くなる場合が多いです。

 

不要になったら業者に撤去してもらえるため、必要な期間だけ設置できます。
購入した場合、不要になったら費用を払って撤去してもらわなければなりません。
また、無償で定期メンテナンスしてもらえるケースが多く、安心して使えます。

2.自治体の助成金制度を申請する

自治体によっては、階段昇降機の設置にあたって独自の助成金・補助金制度を設けているところもあります。

例えば、以下のような制度です。

自治体

名称

助成額

東京都港区(※1)

高齢者昇降機設置費助成

1,332,000円を限度額として工事費用を助成

※所得に応じ1~6割の自己負担あり

 新潟県村上市(※2)

高齢者・障がい者向け住宅整備補助事業

65歳以上で要介護認定を受けている方:30万円

身体障がい者手帳1級か2級の交付者:50万円

 京都府宇治市(※3)

住宅改修費の助成

工事費の50%か30万円のいずか低いほう

課税世帯は5%自己負担 

福岡県福岡市(※4)

住宅改造助成

工事費用と30万円のいずれか低いほうの額に規定の助成率を乗じた額

※助成率は所得に応じ定められている

助成制度があるかどうかは自治体によって異なります。
また、助成の対象者は細かく条件が決まっています。
助成制度が利用できるかどうかは、必ずお住まいの自治体に相談して確認してください。

 

(※1)参照:港区ホームページ/高齢者昇降機設置費助成
(※2)参照:高齢者のための福祉 – 村上市公式ウェブサイト
(※3)参照:宇治市|住宅関連助成制度一覧
(※4)参照:福岡市 住宅改造助成

まとめ

階段昇降機を設置する場合、「階段に一定の幅がある」「電源がとれる」などの条件をクリアする必要があります。
しかし、階段昇降機は大規模なリフォームなしに設置でき、ほとんどの住宅で対応可能です。

 

高齢者の方や体が不自由な方が、1階と2階を軽い負担で往来できるようになり、生き生きとした生活につながるでしょう。
レンタルもでき、お住まいの地域によっては助成金制度が利用できるケースもあります。
検討している方は、ご家庭にぜひ設置してはいかがでしょうか。

 

シティリフトかわさきの階段昇降機についてはこちら

関連記事

  • 介助とは?介護との違いや介助の方法について紹介介助とは?介護との違いや介助の方法について紹介 介護の現場で、「介助する」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、介助と介護は違うのでしょうか?言葉の意味や方法について説明します。 また、介助の中にもさまざまな種類があり、その種類と注意点などもあわせて紹介します。動作や手順など基本的な知識を深めましょう。 介助と […]
  • 車椅子での家の危険ポイントと対策!今日からできること車椅子での家の危険ポイントと対策!今日からできること 家は日々の生活を送る上で最も安心できるはずの場所ですが、車椅子を使用している場合、思わぬ危険が潜んでいることもあります。   段差や狭い通路、滑りやすい床など、家の中には車椅子ユーザーにとっての危険ポイントが数多く存在します。 しかし、適切な対策を行うことで、こ […]
  • 膝の痛みの原因と効果的なストレッチ方法膝の痛みの原因と効果的なストレッチ方法 日本では男女ともに平均寿命が延びていますが、同時に介護が必要な人が増えているのも事実です。 関節疾患によって要支援、要介護者になっている人も少なくありません。 今回は関節疾患の中でも「膝の痛み」にフォーカス。 膝の痛みが起こる原因や、痛みを防ぐためにできるストレッチ方法に […]
  • 階段の寸法は自由に決められない?基準値を理解しておこう階段の寸法は自由に決められない?基準値を理解しておこう 家を建てる、リフォームするといった際に、階段の寸法までこだわる人は少ないでしょう。 ですが、実は階段には建築基準法で決められた寸法があるのをご存じでしょうか。 基準に沿った寸法でなければ、自宅に階段を設置することはできません。 今回は、階段の寸法の基準や専門用語などについ […]
  • 老老介護の問題点や解決策は?老老介護の問題点や解決策は? このところニュースなどで時々耳にする「老老介護」という言葉。 この意味をご存知でしょうか? 日本は着実に高齢化社会が進み、「超高齢化社会」になると言われていますよね。 私はまだ若いから関係ないと思う人や、年を取っていても介護は受けないと考える人もいるかもしれませんが、老老 […]
  • 高齢者のレクリエーションの目的は?運動で健康をキープ高齢者のレクリエーションの目的は?運動で健康をキープ 年齢を重ねると身体機能が低下していき、身体を動かすのもおっくうになるものです。 高齢であることや、持病があることを理由に自宅にこもりがちになってしまう人も少ないないと思います。 しかし、それではどんどん身体の機能が低下してしまいます。 […]
このページのトップに戻る